歯科医師国家試験*歯学部進級支援予備校「デンタル国進」へ

8つのコースをご紹介

歯科国試の通年個別授業(既卒生対象)

●年間トータルサポートを完備しています。
●今年4~来年2月授業(約10か月)。
●東京、大阪に行かなくても、地元で親元から通いながら、予備校で規則正しい生活を送ることができます。
●国試指導を長年担当してきた、元大手予備校の講師たちが指導にあたります。
●常勤講師に質問が出来ます。
●朝9時~夜まで毎日自習が可能。授業以外の日も自習可能。
●完全個別個室指導。
●授業可能日程=月、水、金、土(週2回以上選択)。※月、水、金、土全て実施することも可能です。
●月末締め。消化された分課金。
●入塾後、初めに、現状把握テストを受けて頂きます。綿密な年間学 習計画書、週間計画書を作成し、授業は行われ ます。学習の進み具合、定着具合を見て、計画書は適宜、修正・更新されます。
●塾で実施するテスト類は全て、返却後に、丁寧な解説が行われます。
●通常の予備校では、履修範囲を、1周+α、そして質問で終わるところが多いですが、当予備校では、2周+α実施。
●大手予備校の模擬試験は必ず受験して頂き、弱点の洗い出し、復習を行います。
●過去問だけでなく、大手予備校の資料等を長年研究し完成した独自の教材も用いて、効率よく学習を進めることができます。
●年間のモチベーション維持のため、カウ ンセリングを準備しています。
●国試の受験票等の面倒な手続きも、もちろん代行致します。
●歯科医師臨床研修マッチングに関しても、進路先、将来の専門分野 を見越した全面サポートを致します。

個別標準授業 (現役生対象)

●基礎レベルから・個々の学力に応じた学習が可能です。
●現役生に対する完全個室個別授業です。
●一年生から受講できます。2年からの専門科目だけでなく、一年の一般教養科目(化学・物理・生物)も難化し、以前では考えられなかったほどの一年生が、留年しています。大学の授業中に小テストが実施されることが多く、夏や年明けの定期テスト、学年末テストだけの対策でははっきり言って不十分です。なぜなら小テストで一定の点数をクリアしておかないと、自力では不可能なほどの高得点を定期テスト、学年末テストで取らなくてはならなくなり、結局留年するはめになってしまうからです。
●自分の学力やペースに合わせて、週の回数を、ご自身で決めることができます。こちらからの提案も可能です。
●自習室をいつでも使用できます。

CBT個別コース

〇 CBTで問われる知識は国家試験対策に直結する非常に重要な内容です。
CBTとは、臨床実習に参加する前に「臨床実習を受ける資格があるかどうか」を判定する共用試験の一つで、パソコンを使った試験のことです。
※共用試験にはCBTの他にOSCEとよばれる実技試験があります。
特徴としては、2年生から4年生までの全科目からの出題で出題範囲が広く、一般教養問題から基本的な臨床問題までが問われることです。
CBTは、まさに国試の基礎。ここでしっかりと勉強をしておくのとおかないのは、全く異なります。卒試に落ちたり、国試浪人になるのは、CBTをしっかりと対策していなかったから、とも言えます(CBTにギリギリでパスすると、厳しい現実が待っています)。
履修範囲は膨大ですので、週2回以上の受講をお勧めします。
当塾は、プロの講師が受講面談での学習進歩度から、個別でスケジュールを作成します。

再入学個別対策コース (朝日大学生対象)

歯学部の現状

国試浪人の数は増え続けており、今後もこの数はさらに増すと思われます。
「歯学部に入れば歯医者になれる」時代は終わりました。
111回の国家試験改定以降、回を追うごとに難易度が上昇し、合格率も低下の一途をたどる中、大学側も進級の基準を厳しくしています。
その結果、以前では考えられなかったほど多くの留年生が生まれ、中には卒業することができず、国試を受ける資格も貰えない学生も出てきました。

朝日大学歯学部の留年数(2019年度)
  • 二学年 23名
  • 三学年 8名
  • 四学年 27名
  • 五学年 26名
  • 六学年 50名

このうち同じ学年を三回連続してしまい、放校となる学生が多数います。
さらに朝日大学は最大12年しか在籍ができないため、低学年で放校となってしまった学生は復学した後も大変です(残り在籍年数が少なくなる)。

〇指導は、朝日大学卒で、111回の国試を優秀な成績でパスした講師がマンツーマンで行います。
〇朝日大学の復学試験の合格は3年前に3人ほど出てぐらいで、この2年は合格が出ていません。非常に厳しいテストであることを踏まえる必要があります。
〇当予備校で、週の授業を2回以上受講することが必須となります。
〇当予備校の指示に従い、きちんと授業を受け、課題をこなすことができる方以外の受講はお断りさせて頂いています。
〇個別面談&体験授業の実施は、お電話にて受け付けております。

土日集中授業 (現役生対象)

●土日に歯学部の学習科目の指導を行います。毎週土・日曜日に集中して、勉強を進めたい方にお勧めです。
●平日は忙しくて、通塾が難しい方、あるいは遠方の方、特に朝日大学歯学部の方(平日は通えない方)にお勧めです。名古屋駅からも地下鉄のアクセスが良好です。
●お車でお越しの方には、近隣に駐車場がありますので、ご安心下さい。自転車も駐輪場がございます。
料金はお得な定額制になっているので、費用を抑えて通塾できます。
●大学近辺や岐阜市内では、友人・知人に会ってしまうのが気まずいなど、色々とご心配されている保護者様、生徒様に、最大限のプライバシーの配慮も致しますので、ご安心下さい。
●通年で、毎週土日両日の、課題を与えての巡回形式の指導を実施します。
●入塾時に、ご本人のカリキュラムを作成致します。
●一年生から受講できます。2年からの専門科目だけでなく、一年の一般教養科目(化学・物理・生物)も難化し、以前では考えられなかったほどの一年生が、留年しています。大学の授業中に小テストが実施されることが多く、夏や年明けの定期テスト、学年末テストだけの対策でははっきり言って不十分です。なぜなら小テストで一定の点数をクリアしておかないと、自力では不可能なほどの高得点を定期テスト、学年末テストで取らなくてはならなくなり、結局留年するはめになってしまうからです。
すでに留年してしまい、多くの教科を履修しなくてはならない方でも、歓迎です。個別授業標準コースよりも、はるかに割安な金額で通塾できます。
●愛知学院の「外科」の対策も可能です。
●自習室は毎日使用することが可能です。
●毎週の受講時間は、ご自身の空いている時間から開始する事ができます。
●紹介して頂いた方には、ご紹介優待制度があります。詳しくはお問合せ下さい。
●テスト前には、平日の受講も可能です(オプション制)。

大手予備校のテキスト完全サポート(大阪校限定)

大阪校には、多くの優秀な歯科医師国家試験予備校があります。当予備校では、通常の個別授業以外に、
大手予備校テキストの完全サポートも開始しました。

テキストの予習、復習、質問の受付など、テキストに関するものであれば、どの大手予備校のものであれ、
万全なサポートができます。

教える講師は、また最近の国試を知り尽くしたプロたち。個別で、テキストの疑問を完全に解消して、理解することができます。

なお、テキスト以外に、模試の復習、対策なども実施することができます。

内容はオーダーメイドとなります。

詳しくはお問合せ下さい。

ご自身の課題添削講座(現役生、既卒生対象)

●ご自身の学習している課題で、分からないところを添削します。
●メールでの課題のやり取りです。
①学内小テスト
②定期テスト
③卒業試験
④学内実習のレポート作成
⑤大手予備校課題の添削(セカンドスクールとしても、ご利用下さい)
●料金は課題により異なります。詳しくは費用のページをご覧下さい。

お電話

名古屋校

〒460-0003
名古屋市中区錦2-19-11
TEL 052-220-5446
受付:午前9時〜午後9時

大阪校

〒569-0814
大阪府高槻市富田町1丁目13-25 2F
TEL 072-668-6905
受付:午前9時〜午後9時

西岐阜校

〒500-8362
岐阜県岐阜市西荘3丁目15番10号
TEL 058-214-4178
受付:午前9時〜午後9時

MENU