9月現在の当予備校の国試既卒生(全員2020年4月入塾)たちの模試結果分析

◎最近実施された医歯薬模試&麻布模試の結果が出ましたので、本日当予備校で、講師たちと模試分析会議を実施しました。

〇当予備校の6年生は皆低学年で入塾して、全員成績優秀なので、ここでは省き、当予備校に通う既卒(1~3浪、2020年の4月に入塾)に絞ってみたいと思います。

◎現在デンタル国進の既卒生たちは、
現在受けている模試の人数がおよそ1500人ほどの中、全員400番以内にいます。

◎大手予備校の模試は基本、所属する予備校生に有利に作られています。部外生には、基本不利なので、この成績は、非常によいと思います。

◎毎年国家試験は3,000人ほど受けて約2,000人が合格します。模試で1,000番以内にいたら合格すると言われています。

◎この調子でいけば大丈夫ということが、本日の会議で確認されました。

◎毎年既卒がどれほど合格できるのかに力を入れています。今期、全員合格出来ると思います。気を緩めず、指導してゆきます。

〇既卒生が合格するには、やはり早期に入塾して、地道に積み上げをするしかないですね。

(愛知学院&朝日)解剖実習の比較

愛知学院2年の解剖実習(座学の実習とは別)は、落とすと即留年決定の科目です。

〇朝日も当然解剖実習を行いますが、内容的に大きな違いがあるので、まとめておきたいと思います。

※愛知学院の解剖実習は、顎顔面は単なる1項目(全体の3分の1)に過ぎず、全身(全体の3分の2)に大きな比重が置かれるのが特徴。全身に関しては、つま先の神経など、歯科医師国家試験に不要な内容→なのに、落とすと即留年決定(年度途中)。

※朝日の解剖実習は、全身の知識は与えられるが、顎顔面が中心。進級基準となるのは、顎顔面のみ。顎顔面は、歯科医師国家試験に当然出題。

愛知学院2年の解剖実習は、理不尽ですね。学院の解剖実習は、医学部のようです。歯学部として、内容的にかなり無茶な気がします。学院の方、気をつけましょうね。

(愛知学院1年)部活動について~愛知学院の人は、出来るだけ入らないほうがいいのではないでしょうか?もちろん大学は部活動を勧めますが、余計な繋がり出来て、結局勉強する時間なくなり→留年になってしまう可能性あり。では過去問はどうするのですかって?私見をお伝えします。

デンタル国進に、先月から、愛知学院の方が多く入塾されています。その中でも1年の方が特に多く、お話を伺っていると、悩み多いことに気づきました。

「人脈もないまま、前期に大学のオンライン授業が開始されました。今年はコロナでオンライン授業だから全員通るかな?と思ってみたが、前期でいくつか一般教養を落としてしまった。。。後期も対面も開始されるが、大学は恐らく実習をやりたいだけで、結局情報収集にならない。部活などに入るべきでしょうか?」というお話をよく聞きます。

長年愛知学院の生徒さんを見てきて、私が思うのが、「愛知学院の生徒さんは、部活動に引っ張られ過ぎて、勉強出来なくなる→留年する人が多い」ということです。実際、愛知学院は昔から部活動の盛んな大学です。全国大会に出たりする部活も多くあります(弓道部など)。しかし何気なく入部したら、部長をやらされ、勉強時間が足りず、結局留年してしまったら、何の意味があるのでしょうか?

愛知学院の怖いのは、この放任主義です。昔はその放任主義は良かったのですが、今では弊害しかありません。直前まで指示もなく、直前でばたばたと課題が出される。オンラインになっても、何気なく前期も落とされる。その基準は先生毎により違い、公表はない。成績を聞きにいっても、はっきりした点数は教えてもらえないため、モチベーションが出ない。しかし勉強しないまま、部活ばかりやり、結局最後に留年してしまう、というのは、よくある愛知学院のパターンのように感じます。

昔の愛知学院は全国的にはトップレベルでした。現在は、残念ながら激しくその地位を落としています。理由は国試が激しく難化していること、入学する生徒の学力が落ちていることなどが挙げられます。昔は国試が簡単であったのに、優秀な生徒が多く入学してきました。留年する必要がほぼなかったため、部活道に熱中出来たというのが、本当のところではないでしょうか?今も歯学部生で、部活動に熱中して、留年しそうなのに、直前まで部活をしているのは、何なのでしょうか???6年もの長い時間を使い、国試を取れないとしたら、人生ダメにしてしまったのと同じです。歯学部は、国試に合格しなければ、「単なる歯に詳しい高卒」です。まともな就職は厳しいでしょう。

歯学部に入った人は、何のために入学したのでしょうか?資格を得るためではないでしょうか?国家資格を取れば勝ちです。もし取れなければ大負けです。今の歯学部は、親の時代とは違い、ある意味「ぼったくりバー」のような仕組みにもなりかねません。同一学年で留年を繰り返すと退学&放校になったり、卒業しても、国試浪人になり、ずっと国試に合格できない可能性もあります。大学も、1人の入学生を獲得するより、1人留年させた方が、コストパフォーマンスがよいため、「留年ビジネス」に走りがちです。

国試は難しくなっているため、大学側は留年をさせます。受験者の分母数を減らすしか、私立の歯学部が合格率を上げる手はないからです。愛知学院で、自分の成績悪い&留年するリスクあるのに、部活に熱中している人は、ある意味デガダンス(=退廃主義)ではないでしょうか。現実逃避ですよね。

当予備校の愛知学院の生徒さんを見ていると、部活に入っていない人の方が、勉強が出来る傾向があります。愛知学院は放任主義ですから、時間を持てあますことが多いは分かります。しかしこの時間をもてあます、というのが曲者です。「時間もあるし、情報欲しいからとりあえず部活動に入ろう」と考える人はかなり、思考力が足りないように感じます。過去問などと言うならば、部活動に入っている方と知り合いになればよいのです。ご本人の性格が問われているわけで、普通に人と話せる人ならば、知り合いになることに問題はないでしょう。

しかし今年の愛知学院の1年の方は、必ずしも上のようにはいきません。名来生以外は、人脈がないまま、オンライン授業で毎日過ごしているからです。teamsのオンライン上に顔が表示されるとしても、対面型の付き合いが出来るわけではありません。内来生は知り合いが多いので、気楽は気楽でしょうが、ある意味、「ぶっ飛んでいる人が多い」(笑、悪意はありません)ので、正直外来生はあまり深入りしないほうがよいと思います。得はあまりありません。

当予備校は、予備校であり、同一学年の情報のやり取り、先輩からも情報のinputが出来る場所でありたいと思っています。当予備校は他の人に通塾しているのを知られないように、完全個室個別の指導方式ですので、情報のリクエストがあると、私がその情報を同一学年や先輩の塾生に聞いていくというスタイルです(私は中間管理職みたいものですね。)情報を必要な生徒に、必要なだけ、お寿司屋さんのように、毎日情報というネタを仕入れしています。しかし以前は、簡単であったことが、どんどん難しくなっていきますね。コロナになり、オンライン授業に移行していった結果、対面での人脈形成が難しくなり、情報が仕入れにくくなったという意味で、毎年情報を蓄積する場所が貴重になってきているのかもしれませんね。

(朝日大学)前期試験の成績が出そろいました。いい成績取っている生徒が多いです。特に留年を繰り返して、当予備校に入塾した生徒の多くが、今回の前期試験で上位層の成績になっていると思います。

今年は、当予備校の生徒は、同一学年を繰り返して(2~3回目)、3,4月に入塾した生徒が多いのですが、定期的に指導した結果、今回の結果を見ると、模試ではないので、正確な順位は出ませんが、成績から見るところ、上位10番から20番に入っていると思われます(愛知学院の場合は、はっきりした成績が出ないので、いい成績としか言えませんが)。

今の3年は大学の先生からも、出来の良くない学年と言われているのですが、どの科目が点がよくないのでしょうか?大学の平均点を見ると、全部庄義歯が最も平均点が低い印象でしょうか。次に悪いのが、口腔病理学、薬理学でしょう。

今学期の朝日の後期の定期試験は、1/25~2/2。再試は2/18~。

朝日の5年は、現在3週間に一回のテストを行っていますが、これはさぼらせないためですね。進級試験が一回のみあるのですが、追試がないのでは?という噂があります。あくまでも噂なので、あるかもしれませんが。。。以前の5年は時間的にもゆとりがあったのですが、今の5年は締め付けが厳しそうですね。

留年したくなければ、前期を頑張るべきです。

〇落としても、最小限にとどめる。
〇落とすにしても、低すぎる点数を取らない。

上記が大事でしょう。後期は後期で、前期以上に学習が大変なので、実は前期の復習は後期の間中に実施するのは、よほど本人に覚悟がないと厳しいでしょう。しかしもし前期に大量に落としてしまっていて、何がなんでも留年したくないなら、後期の間にも、前期の復習をする必要があります。

また前期で大量に落としてしまうと厳しいのが、後期に行われる基礎臨床です。これは一日で前期の全教科が凝縮されて問われる科目です。前期で落としてしまった科目を集中的に学習して行いと、基礎臨床で落とすと、即留年決定です。基礎臨床は、後期に大学で、授業がありますが、あまり役に立たないでしょう。というのも、後期には1~2時間に短縮された対策授業が行われるだけです。前期に3~4か月かけて授業は行われていたわけで、その意味で、そんな短時間では、ほぼ役に立たないと思われます。

やはり前期で大量に落としてしまったら、それなりの覚悟を持って、後期にも前期の落とした科目の対策をしないと、抜け道はないですね。

愛知学院と朝日進級するなら、どちらがいいか?

正直、どちらもやりすぎな気がします。朝日はスパルタ主義、学院は放任主義。朝日+学院÷2がちょうどいいのでは?

ただし国家試験の仕組みが整っていること+学費が安いことを考えると、私なら、朝日を選びますね。大歯は、留年した場合を考えると、ダメージがデカすぎるので、私なら選びません。

ちなみに、国試の実績は、今後も朝日の方がよいでしょう。結局、私立でよい国試の実績を出すには、どれだけ受験人数を削れるか?だからです。

(愛知学院)学費値上げについて

〇既存の学生は変更なく、今年度の一年生から上がっているようです。ただ今までは、教材費別だったのが、教材費込みとなったため、実際の金額は下がっているようでs。ちなみに、今年の一年生の振り込み金額総額は、560万です。

〇朝日大学も、値上げする噂があるようです。あくまで噂ですが。。。

(愛知学院)(最新)近年の愛知学院の進級の流れ(留年数など含む)

愛知学院(歯)は、基本放任主義です。昔は東海地方のトップ校として、愛知学院が位置していました。しかし今では、その位置が、国試の合格率が下がり、著しく凋落しています。正直デガダンス(=退廃主義)の雰囲気がすると思うのは、私だけでしょうか。大学が放任主義過ぎで、そのくせ落とされ、「このままでは留年する。。。これでいいのだろうか?なんとかしないと」という感じで、入塾される方がほとんどです。

基本、進級は闇です。

〇6年をストレートで進級出来る生徒の率は、50%を切る。
〇1年の理科科目もしっかりと勉強しないと落ちる。変わった特色として、1年の「心理学」の授業が結構やっかい。やけに厳しい。この科目を落として、仮進級になっても、この科目の課題をこなさなくてはならず、2年で苦労して、留年する人もいる(先生の嫌がらせ?)
コロナ体制になり、成績を授業毎の課題メインでつけるようになった。最後のオンライン定期試験は、どうせカンニングが横行することは目に見えているので、授業毎の提出による成績の割合を増やしている。一年の化学においては、授業が行われず、シラバスが送られてくるだけで、課題をこなさなければならず闇か?
定期テストは、teamを使用。前期の試験は初回だったため、アクシデントも起きた。試験中にバグが起こり、サーバーが落ちてしまい、やり直しをすることが発生。しかし大方うまくいった。後期もオンライン試験はteamを使うでしょう。
〇このコロナ下では、オンラインの授業→オンラインの試験実施中(9/1日(火曜日に終了。9月2日から後期の授業開始))。オンライン試験はカンニングを防ぐために、選択肢を増やし、難しくした模様。
〇2年の解剖の実習は落とすと、留年決定。以前は、学年末まで、結果を落としてもらえませんでした。最近ではこの科目に限らず、教えてくれる科目も出てきたが、パラパラで、ほとんどは最後の学年末まで分からない→生徒のモチベーションも上がらず、学年末に分かることになる。
〇基本、定期試験の問題は回収され、解答も分からない状態(解説もなし。)復元問題に頼るしかない状態。
〇2年の進級率は、約120人中30人~が落ちている(例年)上記の解剖だけでなく、歯科理工学もやっかい。〇×が多いのだが、それが大量過ぎて、かなり量問題慣れしていないと合格は難しい。授業の最後に20問ほど、先生が過去問を見せてくれるが、それは氷山の一角。
〇3年は、薬理学難しい(薬の名前が大量にあり、覚えるのが難しい。)病理学も難しい。授業スライドのプリントが大量にあり(さらに内容がまとまっていない)ので、学習するモチベーションに至らない。
〇4年の留年率が去年一気に上がった。昨年前までは、例年の4年の留年数は10人程度だったが、錯塩は33人/130人に跳ね上がり、親&生徒たちが驚く。今後も増える可能性あり。
〇5年の定期テストは学年末のみ。
〇6年は、朝日のように、卒業試験を受けるための、テストを実施中。年に数回実施され、国試を申し込む前に、一定数が留年が決定する→そのため、国試の申し込めず、6年で卒業試験で落とされた人数が、実際よりも少なく見える仕組み。昨年に後卒を昨年のみ実施と大学側が言っていたが、今年以降も実施するのでは?

(朝日大学1年)前期で化学を落としていても、後期の生化学をしっかり学習すれば、化学のメカニズムが理解出来、追試の化学は軽くパスできるでしょう。

朝日の1年は化学を落として留年することが多いです。生徒には、当然一般入学者と推薦入学者がいるわけで、その意味では、推薦の方は一般教養科目は(特に化学は)不利です。しかし後期に生化学が実施されます。この科目をしっかりと履修すれば、高校で化学を学習していなくても、化学が理解出来るようになります。後期は生化学を狙い撃ちしていくと、前期の化学の追試対策となります。頑張りましょう。