第117回歯科医師国家試験必修問題(A-12,C-20,D-2)

A-12 Rohrer指数が130である8歳の男児の発育状態はどれか。1つ選べ。

a やせすぎ
b やせぎみ
c 標準
d 太りぎみ
e 太りすぎ

Rohrer指数を知っているかどうかの問題でした。
知らないと勘で選ぶしかないですね。
何となく標準を選んで正解した方も多いのでは無いでしょうか?

C-20 生後、ミュータンスレンサ球菌が定着しやすい時期はどれか。1つ選べ。

a 0~6か月
b 8~16か月
c 19~31か月
d 34~44か月
e 48~54か月

予防の観点から臨床的にとても重要な問題でした。
臨床医になると知っていて当然ですが、臨床経験が無いと厳しい問題だったのでは無いでしょうか?

D-2 ICDASでエナメル質に限局した齲窩コードはどれか1つ選べ。

a 0
b 1
c 2
d 3
e 4

ICDASを知っていないと手も足もでない問題でした。
ICADSは0~3までエナメル質が関係するコードなので、しっかりと内容を理解していないと正答にはたどり着けません。
知らないと0を選びたくなりますね。

横須賀中央校スタート!(2/15/2024~) ※現在の横浜校の移転です(そのため現在のHPの横浜校の電話番号(045-534-5150)は使えなくなっています。052-220-5446(代表)におかけ下さい)

〇横須賀中央校がスタートします。神奈川歯科大学(歯)の国試&進級専門予備校です。

〇現在の横浜校の移転です(そのため現在横浜校の電話番号が使えなくなっています)。

※神奈川県 横須賀市小川町27-10 (横須賀中央駅 徒歩12分/神奈川歯科大学 徒歩5分以内)

以前より、神奈川歯科の方々からの横須賀中央駅に支店を出すリクエストが増えていましたので、十分ご期待にお応えできるのでは、と思います。

〇講師陣も、全て神奈川歯科の卒業生の方々のみ。

〇進級の情報なども豊富にそろえています。

〇最終試験(卒試)、5年の対策、低学年の進級など全て可能です(最終試験、5年の進級のお問合せが特に最近では多い状態です)。

〇特に最終試験(卒試)では、国試の過去問の対策だけでなく、6年で大学から配布されるプリントの知識を大量に暗記する必要がありますが、そのお手伝いもしています。

〇体験授業のお申込みなど、お気軽にお問合せ下さい(代表052-220-5446)

松本歯科の卒試ファイナルチェック個別講座、実施中~お問合せはお電話にて~

※6年時に実施されたデイリー&ウィークリー&期末テストの直前集中チェック(念のため過去3年分を対策)

※指導は、松本の卒試を熟知した講師陣が担当(松本卒の講師がヘッドティーチャー(スーパーバイザー))

※現在5年の方の卒試の早期対策も実施中

第116回国試予想的中の問題!! 116D-8【必修】

116D-8
( ) is one of the major side effects of COVID-19 vaccination.
a Cough
b Fever
c Loss of taste
d Smell disturbance
e Sore throat

【新型コロナワクチンの副反応】
問題の文を和訳すると「( )は、COVID-19ワクチン接種の主な副反応の1つです。」となります。

なので、COVID-19そのものの症状ではなく、ワクチンの主な副反応について問われています。
「vaccination=ワクチン」が理解できているかどうかが、問題を解く鍵になっています。

新型コロナワクチンの主な副反応としては注射した部分の痛み、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢等があります。
COVID-19は出題の可能性が高いと考え、講義中解説していました。

116D-8 解答 
( ) is one of the major side effects of COVID-19 vaccination.
a Cough・・・咳
b Fever
c Loss of taste・・・味覚障害
d Smell disturbance・・・嗅覚障害
e Sore throat・・・咽頭痛

解答:b

第116回国試予想的中の問題! 116B-30 (2021/7/25投稿)解説参照

116B-30
Ⅲ型アレルギーはどれか。1つ選べ。
a 気管支喘息
b 接触性皮膚炎
c アナフィラキシー
d 自己免疫性溶血性貧血
e 全身性エリテマトーデス

【アレルギー分類】
近年、アレルギーに関するにする問題はよく出題されます。

それは誤った対応してしまうと、最悪、患者さんの生命を危険さらしてしまう可能性が
あるからです。なので、

アレルギー型と反応をセットで覚えていく必要があります。

●アレルギー型と反応
・Ⅰ型(即時型)、IgE,
花粉症、アナフィラキシーショック、気管支喘息
・Ⅱ型(細胞障害型)、IgG,IgM
 不適合輸血、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、重症筋無力症、溶血性貧血
・Ⅲ型(免疫複合症)、IgG,IgM
糸球体腎炎、血清病、慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス(SLE)

・Ⅳ型(遅延型)、T細胞
 金属アレルギー、ツベルクリン反応

116B-30 解答
Ⅲ型アレルギーはどれか。1つ選べ。
a 気管支喘息・・・Ⅰ型
b 接触性皮膚炎・・・Ⅳ型
c アナフィラキシー・・・Ⅰ型
d 自己免疫性溶血性貧血・・・Ⅱ型
e 全身性エリテマトーデス


解答:e


【オリジナル問題】

次のアレルギー反応の中で細胞障害型に分類されるのはどれか。2つ選べ。
a 血清病
b 気管支喘息
c 糸球体腎炎
d 重症筋無力症
e 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)

【オリジナル問題】解答
次のアレルギー反応の中で細胞障害型(Ⅱ型)に分類されるのはどれか。2つ選べ。
a 血清病…Ⅲ型
b 気管支喘息…Ⅰ型
c 糸球体腎炎…Ⅲ型
d 重症筋無力症
e 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)

解答 d,e

第116回国試予想的中の問題! 116B-13【必修】 (2022/3/20投稿)115A-2解説参照

116B-13
リスボン宣言で述べられているのはどれか。1つ選べ。
a 死の判定
b 健康格差の縮小
c 国民皆保険制度
d 倫理委員会の設置
e 患者が健康教育を受ける権利

【リスボン宣言・・・セカンドオピニオン】
セカンドオピニオンとは患者が検査や治療を受けるに当たって主治医以外の医師に求めた「意見」、または、「意見を求める行為」である。主治医に「すべてを任せる」という従来の医師患者関係を脱して、複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者自身が選択していくべきという考え方に沿ったものである。

116B-13 解答
リスボン宣言で述べられているのはどれか。1つ選べ。
a 死の判定・・・シドニー宣言
b 健康格差の縮小・・・健康日本21など
c 国民皆保険制度・・・国民健康保険法
d 倫理委員会の設置・・・ヘルシンキ宣言
e 患者が健康教育を受ける権利

解答:e

115A-2
セカンドオピニオンの目的はどれか。1つ選べ。
a 転院の推奨
b 医療事故の防止
c 医療訴訟の回避
d 治療に関する患者の意思決定
e 主治医による治療方針変更の根拠

115A-2 解答
セカンドオピニオンの目的はどれか。1つ選べ。
a 転院の推奨
b 医療事故の防止
c 医療訴訟の回避
d 治療に関する患者の意思決定
e 主治医による治療方針変更の根拠

解答:d

第116回国試予想的中の問題! 116A-10【必修】 part72(2021/12/26投稿) 参照

116A-10 医師の職業倫理を示したのはどれか。2つ選べ。
a オタワ宣言
b シドニー宣言
c ジュネーブ宣言
d ヘルシンキ宣言
e ヒポクラテスの誓い

【医の倫理、宣言系】
医の倫理、宣言系は頻出なのでしっかり覚えましょう。グループ分けして覚えるとオススメです。

〇医師の宣言系
・ヒポクラテスの誓い
・ジュネーブ宣言…医師による患者情報の守秘義務 

〇研究系
・ニュルンベルグ綱領…人体実験における被験者の自発的同意
・ヘルシンキ宣言…倫理審査委員会の設置

〇患者権利系
・リスボン宣言…セカンドオピニオン

〇脳死系
・シドニー宣言…脳死の判定

※脳死(のうシ)だから、シドニー宣言など、語呂で覚えるのもオススメです。

116A-10 医師の職業倫理を示したのはどれか。2つ選べ。解答
a オタワ宣言・・・ヘルスプロモーション
b シドニー宣言・・・脳死の判定
c ジュネーブ宣言
d ヘルシンキ宣言・・・倫理審査委員会の設置
e ヒポクラテスの誓い

解答:c,e

オリジナル問題
ヘルシンキ宣言に謳われているのはどれか。1つ選べ。
a 脳死の判定 
b セカンドオピニオン
c 倫理審査委員会の設置
d 医師による患者情報の守秘義務
e 人体実験における被験者の自発的同意

オリジナル問題 解答
ヘルシンキ宣言に謳われているのはどれか。1つ選べ。

a 脳死の判定・・・シドニー宣言
b セカンドオピニオン・・・リスボン宣言
c 倫理審査委員会の設置
d 医師による患者情報の守秘義務・・・ジュネーブ宣言
e 人体実験における被験者の自発的同意・・・ニュルンベルグ綱領


解答:c

第116回国試問題! 116A-1【必修】

116A-1
心筋梗塞のマーカーはどれか。1つ選べ。
a CK
b PT
c ALP
d ALT
e HbA1c

【心筋梗塞】
心筋梗塞は、虚血性心疾患の一つであり、心臓の筋肉細胞に酸素や栄養を供給している冠動脈に閉塞や狭窄などが起きて血液の流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死してしまう症状である。心筋が虚血状態に陥っても壊死にまで至らない前段階を狭心症と言う。

心筋梗塞は現在、日本人の死亡原因の第二位で高齢の男性に圧倒的に多いのが特徴である。

歯周疾患が全身の健康にも影響を与えることを「ペリオドンタルメディシン(歯周医学)」と言い、糖尿病、肥満、狭心症・心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化、誤嚥性肺炎、早産などが歯周疾患が原因であったり、相互に深く関連しているというものである。

CK(クレアチンキナーゼ)は心筋壊死のマーカーであり心筋梗塞ですみやかに上昇するため診断,病勢把握に用いられる。

歯科医師国家試験の1問目でこの問題が出題されるということは、歯科医師を志す皆さんは歯科学のみではなく、全身管理に関する知識も求められていることを認識しましょう!

1 心筋梗塞のマーカーはどれか。1つ選べ。
a CK
b PT・・・プロトロンビン時間、出血傾向の診断
c ALP・・・アルカリフォスファターゼ、肝機能のマーカー
d ALT・・・肝機能のマーカー
e HbA1c・・・糖尿病診断

解答:a

オーダーメイド資料作成による完全個別指導 ~進級試験対策からCBT~国試突破に繋げるために~ お問合せ 代表052-220-5446

○国試の難化に伴い、どの大学でも、進級も以前より、よりいっそう厳しくなっています。高学年で、基礎からやり直すことはますます難しくなりつつあります。

○国試で苦労される方は、多くの場合、低学年で、国試を解くのに必要な理解力&知識を欠いたまま、ギリギリ進級される方が多い印象です。文字面だけを丸暗記して仮に進級出来たところで、所詮付け焼き刃です。

○ビジュアルで理解しておく習慣がより重要になります。今後CBTや国家試験(特にCBT)では視覚素材を用いた問題がさらにたくさん出てくると思われます。

○そのため、当予備校の授業では、一般的に用いられている問題集の単なる質問の受付&受け答えで終わるのではなく、全ての講師がビジュアル的な資料を生徒さんの弱点を踏まえた上で、完全オーダーメイドに作成して行っています。
視覚的に解りやすい指導資料作成を心掛けています。

○低学年のうちに基礎力を固めておく事は将来、CBT,国試の対策を進めて行く上で非常に有利です。今の国試の臨床実地問題は5、6年の臨床実習に準じた内容からかなり出題されます。低学年のうちに基礎力を固めておかないと、臨床問題の対策をする際に、そこまで手がまわらなくなり、かなり不利です。

○入会希望者の方には、面談&体験授業を実施しています。お申し込みは、お電話にて受け付けています。