(鶴見大学)鶴見大学の今回の卒業試験&国試の内訳 

今年度の鶴見大学の卒業試験の内訳は以下のようです。

卒業試験は三回実施され、一回目は43人、2回目は100人、3回目で最終的に、卒業試験の合格者は、120名中80人合格となりました。

この80名が実際に国試を受験して、合格者は、40/80名となり、新卒の合格者は50%となりました。今回の国試で、新卒で50%だったのは、日本大学(歯学部)、福岡歯科、鶴見大学の3つでした。

5年も進級が厳しくなったようです。例年基準が変わるので、なんとも言えないのですが、昨年度は、週末テスト小テスト平均点85%で、受験資格が取得でき、期末試験がユニットA、B、Cと3学期制で、72%以上で進級確定のようです。

鶴見は、1~4年は同一学年の留年限度年数は2年です。5+6年は、合計で4年までしか与えられていません。低学年での留年も厳しいですが、5、6年も厳しいですね。

(愛知学院)2020年から新しい方針を打ち出しました~5年まで進級すれば、卒業試験に煩わされることなく、腰をすえて、国試の学習に取り組めるようになりました(今回も6年の卒業試験が何度も何度も行われ、ほぼ100%の人が国試を受験出来ました)~

2020年度から、愛知学院は、方針を大きく変えたようです。。。

なんと・・・

~卒業試験で、合格率を操作しない仕組み作り~

〇それは愛知学院が、5年まで進級出来れば、後はほぼストレートに進級出来る仕組みを作り上げたこと。。。

おととしもほぼ全員国試を受験させていたので、「?」と思っていましたが、やっと謎が解けました(笑)。

出来るだけ全員国試を受験させる流れに方向を変えたのですね。今回も何度も何度も卒業試験の再試・追試が行われ、1人以外は全員国試を受けることが出来ました(お一人は訳アリ)

ということは、新5・6年になれた人は、ほぼそのまま行ける可能性が高いですね(もちろんご自身の努力が必要ですが。)

通常、私立の歯学部6年では、国試合格率を、卒業試験に絡めて操作します。これはいい%を出すには、仕方ないことです。

① 国試に申し込みさせないこと
② 国試に申し込んでも受けさせないこと

上の2つの人数を差し引いて、実際の受験者の分母数を少なく見せることで、合格率を高く見せること。。

それが2020年から、愛知学院では、上の二つを今後はしないと決めたようです。。。

やはり大事なのは、6年全員が、5月1日の段階で、何人いるか?ということ。これを多くの私大では発表していません。ですから、実態がつかみにくいわけです。

2020年の愛知学院の国試では、5月1日の段階で122人が在籍していて、121人が受験(そのお一人は仕方ない理由)、合格したのが、76人です(つまり新卒の合格率が、62.3%)

もし今回、学院が卒業試験で6年を30人程度落としたら、結果は新卒83%の合格率になりました。。。もし40人落とせば、新卒93.8%の合格率になったわけです。

実際、操作なしで、新卒合格が62.3%は、操作していないとすると、なかなかいい数字ではないでしょうか?

歯学部の低学年は、基礎系科目の定着が国試合格では要になるので、低学年の進級は厳しくあるべきでしょう。低学年、特に2、3年の学習が基礎系科目で、その知識が定着していないと、臨床問題を正しく考えることが出来ません。低学年の進級を緩くしてしまうと、以後厳しいことになってしまいます。

学院には、アドバイザーシステムが1年でもあり、チューター制度が今年の2年から始まり、6年では自分たちが、チューター(学生10人につき1人)を選ぶことが出来る仕組み作りのようです。

ただ、一つ厳しくなったのは。。。今年の年から、同一学年の留年限度年数が2年になったこと。。。上の学年は3年までです。つまり今後は、同一学年の留年限度数は、2年になっていくということです

しかし2年になることにより、生徒が留年すると焦って勉強する体制になる+歯学部にどうしてもあわない生徒に別の進路を機会を与えるという意味で、効果的ではないでしょうか?同一学院を3年留年限度があるとしたら、留年したら、怠けてしまう生徒が続出してしまうだろうな、というのは容易に想像出来ます。だらだらと同一学年を3年繰り返すよりも、2年で集中してやらせたほうが生徒側も緊張感があり、いいかもしれません。

(今回の学院の留年数(最終))

・4年・・・25名(150人中(71%))←一昨年は21名(131人中(70%))
・3年・・・6名
・2年・・・22名
・1年・・・10名

CBTに関しては、学院は次回のCBTは72%をボーダーにする予定。次回は73%。ここまでは決まっているようです(以後は未定)。

愛知学院の5、6年のカリキュラムを見てみると、本当にゆとりがあり、自主性に任せられていて、実際の新卒の合格率を見る限り、成果は出ていると言えます。

他学校では、卒業試験に振り回されて、国試の勉強が出来ずに、国試落ちの可能性もありますね。。。

他の私立大学で、今回の学院のような仕組みにしたのは、まずないのではないでしょうか?

〇もう一つ愛知学院の学費の値上げもよく話題になります(年間3,300万表記)が、これは、内部の方はご存じかと思いますが、愛知学院は学費の表記を全部ひっくるめての表記に、今回変えたようです。。。

同じ学習環境で学生を指導したいからのようです。実習費、実習器具、研修費、CBT/OSCEの受験料が約270万+保護者会の特別徴収で約80万=350万。この額を表記に含めているようです。ですから、

実際には、大阪歯科が歯学部で最も高額であり、その次ということでしょう。愛知学院が歯学部で一番高額というわけではないようです(表記と実態が異なる。)

卒試のために、国試の勉強時間が取れなくなることも学院ではなさそうです。

学院の5、6年生は、「卒業試験で落とされる!」とパニックにならずに、国試対策に取り組むことが出来ますね。

ぜひ学院は、このシステムを継続していくといいですね。本当に大きい方向転換だと思います

他学校の5年、6年は、一般的に修羅場。学院の5、6年は牧歌的で、古き良き歯学部を残しているのかもしれませんね。

 他から見たら、うらやましいでしょう。。。

(神奈川歯科大学)復学支援のお問合せが増えています。

現在、前期募集をしていますが、今回は神奈川歯科の入塾が本当に増えました。

神奈川歯科のシステムはかなりユニークです。

1.GPAが進級基準に用いられていること(各教科をパスしていること+GPA+進級試験)。
2.3、4年では、4年間しか与えられていないこと。
3.6年でチケット制という他にはないシステムがあり、生徒によっては直前までチケットが回ってくるか分からない。

かなりユニークです。そのため、毎年そこそこの人数の生徒が、同一学年留年を繰り返して→放校になります。

特に4年に関しては、復学出来たのは、この10年で5人程度です。

ご希望の方は、お早目に。

既卒を何年も繰り返している方には、今後、実技試験などを課して、国試の合格を抑制!?

厚労省は、歯科医師の数を抑制するのに必死なのは周知の事実ですが、特に既卒を何年も繰り返している方に対して、今後実技試験などを課すことを検討しているようです。

なんとかして落としたいのでしょうか?。。。

今回発表された厚生労働省の報告書には、以下のような記載があります

以下引用

「ただし、臨床実習を終えて長期間経過した後に歯科医師国家試験に合格した者の 臨床能力について不安視する意見があることやシームレスな歯科医師養成の観点か らも、臨床研修歯科医師として診療に従事するに足る臨床能力を新卒者と同等に有 していることを担保できるよう、共用試験臨床実習前 OSCE や Post-CC PX を課す等 の仕組みを検討する必要がある。」

この文面からだと合格後に実施するのか、前に実施するのかは分かりませんが、オスキーに類似する試験導入が検討されているようです。

ただ、手間、予算を考えれば本当に実施できるのか?とは思いますが。。。

既卒、特に既卒を繰り返している方は、一年でも早く合格しておいた方がよさそうですね。。。

トータルパッケージ完全個別&年間個室コース(既卒限定)(名古屋校限定)(8名限定) ※通常の「歯科国試個別コース」も受付中~(代表名古屋校)052-220-5446~

さて、既卒生の方々の面談が大変増えてきていて、毎日忙しくさせて頂いています。

昨日入塾された大宮校の既卒の方が、「今回の国試は、途中でやる気がなくなるほど難しかったです」とのこと。模試の結果を見ましたが、それほど悪くないので、よっぽど難易度が上っているのは、明らかです。あと今年の難易度では、自分の力だけでは不安というのも正直なところかもしれません。。。

現課程が、1年延長になったので、今年は特に強い危機感を抱いている方も多い印象です。116回から必修に2つ選ぶタイプが出る可能性が高いので、来年こそという既卒の方々が多いのを分かります。

さて、最近、以下のようなお問合せも増えてきました。

「自宅が開業医なので、本当は大手に通わしたいのですが、大手に通わすことにコロナ感染のリスクを感じています。変異株も増えてきているし。。。しかし自宅では怠けてしまうし。。。朝から夕方まで、自習スペースも含めて、管理してもらえないでしょうか?」というものです。

スタッフと企画会議をして、いろいろ話し合い。。。

昨年大阪摂津富田校で「大手予備校のテキスト完全サポート」として、実施していたコースがありますが、今回高い実績を出し、好評でしたので、今年は、さらに進化させ、「トータルパッケージ完全個別&年間個室コース(既卒対象)」として、名古屋校で以下のような個別コースを実施することにしました。

トータルパッケージ完全個別&年間個室コース(既卒生対象)(名古屋校限定)

毎日、名古屋校(全て完全個室)に通い、年間借りた自分の個室にて、午前から午後まで大手のネット授業を受講。大手の授業終了後に自習。夕方頃から、当予備校の個別指導を受講して、大手テキストを復習→チェックテストすることで、大手予備校の授業の内容を完全定着させる+さらに弱点はこちらで補強をする。またこの個別は模試対策などの対策も可能。

名古屋校には、管理担当者が、朝から夜まで常駐して、一人一人の既卒生のきめ細かな管理を毎日実施→毎月親御さんに報告。

浪人の生活は、途中からだれてくるものなので、しっかりと管理してもらうという付加価値は大きいように思えます。

このコースは、あくまでも少数ですが、主に愛知県にお住まいの一部の方々のために企画したものです。毎日管理が出来る者が名古屋校には常駐しています。名古屋校で定員8名とします。

今年の結果から、やはり既卒を繰り返している方ほど合格しにくいのは明らかですから、これくらいのプログラムでないと、確実な合格は勝ち取れないのではないでしょうか?

大手予備校に通うのは、もちろん前年惜しくも落ちた方が通塾するのはよいのでは(ダメ出しが出来る)と思いますが、現在苦手科目があるような方では厳しいでしょう。。。

大手予備校に通っても、結局ご自身の通っていた~大学のクラスが出来ており、当然まわりの方々は落ちた方々のみで、その方々と付き合っていくことになります。。。

。。。私が思うに、大手で学習する際の最大のネックは、「余計な友達付き合い」です。節度のある「友達付き合い」は刺激がありよいのですが、「余計な友達付き合い」は自分の勉強量を減らします。。。

お友達が向上心のある人であれば、お互いに切磋琢磨して競い合う関係が出来てよいのですが、それが出来た最高レベルの方々たちは、現役で既に合格しています。。。つまり全員落ちた方々である以上、皆さん不安ですから、お互いを拘束しあうことで、安心感を得ようとする方が多いのも当然です。

ですから、大手予備校の授業は、ネットで受講すればよいのでは?と私は思います。そして個別を組み合わせ、自分の学習量を最大化する。。。

これ以上のプログラムはないでしょうね笑。問題は全て解決します。あとはご自身のモチベーションのみです。

今回は、やはり危機感を感じている方が多いようで、既にDESの福岡、大阪はキャンセル待ちのみのようです。

開業医のご子息など、ご子息のコロナ感染を特に気にされている方々に最適の個別コースです。

以前なら、このようなコースは不可能でした。ご希望の方はお早目にどうぞ。

現課程は次回が最後。116回からは、大幅に改訂の可能性あり。既卒生(特に3年目以上の既卒生)は、なんとしても115回で合格したいところ。2~3年違うだけで、ここまで変わるので、新課程になると絶望的に感じられます。。。

現在のところ、あくまで速報レベルなので、詳細は不明ですが、以下の事が厚生労働省から発表されています(詳しくは厚生労働省の報告書をご覧ください)。

報告書の最後に、116回から適用出来るよう努める、という記載があるため、115回は現行の出題基準という解釈になりそうです。116回から適応になるかは不明ですが、一応116回からという事で考えておくのが無難と思われます。

改定点として大きく2つになります。
1. 必修問題 の形式については現行の A タイプに加えて X2 タイプを採用し、問題数は現行の 80 題を維持する。
2. 現在の3領域別の合格基準を見直し、総論と各論の2領域それぞ れに合格基準を設定することとする。

1.については次のような事が危惧されます。
X2導入により以前から指摘されていた必修問題が分散される可能性がある点があるかと思います。111回から臨床と一般の区別がしにくくなったのと併せて、益々どれが必修、臨床、一般問題か分からなくなりそうです。
2.については現行のA、B、C、必修の4領域で合否判定されていたのが、A(総論)、B(各論)、必修の3領域での判定に変更されるようです。これによって特定の科目で落ちるリスクは減るかもしれません。(例年B領域の合格基準が高く、小児や矯正で落ちるケースがありましたが、それが無くなる可能性があるかもしれません)

出題内容に関してはブループリントはまだ出てないのでわかりませんが以下の事が既に公表されています。以下の引用

「平成 28 年に公表された前回の本部会報告書においては、社会情勢の変化に合わ せて、次の項目の充実を図るとした。
・高齢化等による疾病構造の変化に伴う歯科診療の変化に関する内容 ・地域包括ケアシステムの推進や多職種連携等に関する内容 ・口腔機能の維持向上や摂食機能障害への歯科診療に関する内容 ・医療安全やショック時の対応、職業倫理等に関する内容
これらの項目は、歯科医師になる者にとって、引き続き重要な知識・技能であることに変わりがないことから、今後も充実を図り出題を行っていく。」
つまり、現課程で重視している所は引き続き重視しますという事と思われます。

それに加え次のような事も記載されています。以下引用

「また、近年の歯科医療をめぐる状況や歯学教育における教授内容を踏まえ、下記 項目についても出題を行う。
・歯科医師として必要な和漢薬を服用する高齢者や全身疾患を持つ者等への対応 に関する内容。
・医療のグローバル化に伴い歯科医師による国際貢献がこれまで以上に求められ ている現状を踏まえた国際保健に関する内容。」

気になるのは漢方薬に関しての出題があるかもという事です。
実際臨床実習で処方しているところを見た学生は少数とおもいますが、内服されている患者さんを見た学生は多いはずです。口腔外科では使う事もあります。どの程度のことまで問われるかはわかりませんが、より範囲が広くなる事にかわりないです。

以上116回からの改訂点のうち、直接試験に関わりそうな内容です。この内容からも分かる通り、116回からは更に幅広く勉強する必要があります。更に必修が散らばればなお大変です。今年通らなかった方はなんとしても115回で受かりたい所です。2、3年違うだけで、ここまで変わるので、新課程になると、何年も既卒の方は、大変な苦境に追い込まれてしまう可能性があります。そのような方には、特に個別指導で、今回の試験で合格するようにするべきでは、と思います。

(神奈川歯科の低学年) 成績について考える。。。

神奈川歯科では、前期&後期というとらえ方ではなく、STAGEⅠ~Ⅴで表現されています。

ざっくり言うと、STAGEⅠ、Ⅱが前期、Ⅲ~Ⅴが後期にあたるようです。

進級するには、以下の三つの項目をパスしなくてはいけません。

①GPA・・・1.5~が合格。
②各教科のGP・・・各教科によりGPの数値は異なるが、再試で合格すると、100点であろうが60点であろうが、GPは1.0。つまり全教科を再試で合格したとしても、GPの値は平均1.0となり、1.5に達していたいため留年となる。つまり全教科再試でパスの人の進級を認めないためと思われる。貯金するという意味でも、出来るだけ本試で合格する必要がある(例:本試60点=1.0、65点=1.5、70点=2.0・・・)
③総合試験・・・定番の問題が出題される(対策すればそれほど難易度は高くない。)

一年は例年約120人のうち20人程度留年するのですが、今年はまだ全体で何人留年になったのかは定かではありません(2年の留年は当然増えます。)

神奈川歯科の場合だけではないが、一般教養科目を見ると、考えさせられることがあります。例えば、数学に関して言うと、受験で課せられる数学は数学ⅡBまで。数学ⅢCは入試で課せられていない。そのため、入学すると、1年で、履修してないため、大学側が数学ⅢCまでの知識を強制してくるように思えます。例えると、高校三年間で学ぶ数学を、1年の半年に一気に凝縮されたようなイメージ。これは数学に限らず、他の一般教科にもあてはまり、国公立の場合は、生徒が高校の時にある一定の一般教科を履修しているため、大学1年であえてそれを課すことはないようです。つまり国公立の単価大学は特に、総合大学は違うかもしれないが、一年は緩いカリキュラムになる傾向あり。例えば、東京医科歯科の1年の場合、数学は行列を少し課されるぐらい。微積を大学で課されても、生徒は履修しているため解けるので問題なし。

神奈川歯科の1年の場合、1年で解剖の座学も行われているし、全身の細胞&筋&組織なども課せられている。やることが多すぎてアップアップになってしまうのではないでしょうか?

今の1年は一般教養科目だけを履修しているだけでなく、専門教科も履修しています。

昔なら、2年で実施されていた専門が、1年に前倒しになったのでしょうか?いずれにしても大変ですね。

(愛知学院2年)名古屋校に入塾が増えています。。。留年2年目の方々多いですね。

愛知学院の当予備校の生徒から、「今年2年が大量に落ちて、面談&体験をたくさん受けにくるはずです。」と少し前に言われていて、確かにここ連日で、愛知学院2年の方々の面談が続いています。

昨年と比較すると、面談に来る数も、入塾される人数も増えていますが、今回が2年目という方も多い印象です。

やはり愛知学院も、進級を厳しくしているのですね。。。国試の成績が激しく落ちているのに、学費おもいっきり上げて、留年を増やすなんて、生徒+親側からしたら、たまらないと思います。