(神奈川歯科大学1年)前期試験が、まもなくありますが、生物(「人の体の仕組み」)の範囲が異常に膨大で、きちんと対策しておかないと、留年に繋がるでしょう。神奈川歯科では、昨年から新しい歯学部長になり、進級が厳しくなりました。昨年の神奈川歯科大学の1年の留年数は、約120名中20名(2年は、約40名)

どこの医療系大学でも、本年度は、1年の方は、不安になっています。無理もないでしょう。入学式も、オリエンテーションもないまま、いきなりオンライン授業が始まり、前期のテストが始まるのですから。歯学部に限っていうと、この前期試験は、大学に来て受験する形態が多く、残りはGoogleのソフトを持ちいた形態のようです。

大学による集団型オンライン授業がはじまり、私が個人的に、非常に危惧していることが、二つあります。

それは、集団型オンライン授業は、成績が中位以下の方が、オンラインの授業中に、ノートを取っている生徒が少ないということです。大学に来る集団型の授業ならば、先生がいるし、周りに生徒がいるので、緊張感があり、分からないなら、分からないなりに、最低限でも、黒板に書かれたものを写す作業をします。ノートなしに、どうやって定期試験をパスするつもりなのでしょう。

2つ目は、集団型のオンライン授業において、成績が中位以下の生徒たちは、信じられないほどだらしない環境で、過ごしていることです。授業内容が定着していないのに、出席だけはしたからと、友人の家で、自分より学習のできる友人に見せて、寛いでいたり、小テストが、たまにオンライン上で実施されたとしても、勉強のできる生徒の家に皆集まり、カンニングが横行しています。あるいは注意する人がいないので、生活が昼夜逆転してしまったりという望ましくない習慣が形成されつつあるということです。しかし、前期定期試験は、大学に来て、実施されるケースが多いのです。どうなるのでしょう?

デンタル国進は、横浜校がありますから、ここでは、神奈川歯科大学1年に関して話をしてみます。

横浜校は、神奈川歯科大学の方専門で、過去問をはじめ、大学の過去データを用いて指導してゆきます。もともと神奈川歯科大学の方々とは個別型オンライン授業を、名古屋校で今まで実施してきたので、ある程度データはあります。今回、横浜校がスタートしたので、個別対面式の授業が可能になりました。

神奈川歯科大学1年の前期試験に関して話をしてみます。

前期のテスト日程は、7/20~23、8/10~12です(他学年も共通)。

1年前期の科目に関して言うと、以下の5教科になります。

※「」は、大学の教科名となります。

1.「自然の現象」=数学(数学Ⅲも含まれる/高校数学の復習)&物理
2.「人の体の仕組み」=生物
3.「数理」=数学
4.「生命化学の基礎」=高校化学の復習
5.法律

上記5教科のうち、1と2を集中的に対策すべきでしょう。

1.「自然の現象」=数学&物理。数学は、完全も、高校数学の復習です。高校の時の数学問題集を解いてゆくイメージです。しかし数学Ⅲがしっかりと含まれています。推薦入学された方は、まず数学Ⅲは、対策していないはずなので、横浜校では、数Ⅲを中心に指導してゆきます。

2.「人の体の仕組み」=生物ですが、内容が、信じられないほど膨大です。留年する人は、ほぼこの教科を落として、留年します。 通常の歯学部では、1年後期、もしくは、2年で学ぶ内容が、なんと1年前期に凝縮されており、とにかく範囲が膨大です。

通常、生物の分野は、4つの分野があります。

1.基礎系
2.神経系
3.筋学
4.臓器系

通常、1年では、1のみですが、神奈川歯科では、1~4が全て範囲になります。しかも、それが、1年の前期にあるというのが、驚きですね。対策としては、毎回の授業の終わりに、まとめ問題があります。生物をパスするには、このまとめ問題の完全な答えを、プリントを検索しながら、作る必要があります。ポイントは、まとめ問題から学習をスタートすることです。間違っても、各単元をまとめて、最後にまとめ問題をしよう、などと考えてはいけません。対策する教科は生物以外にもあるため、時間が足りなくなり、全ての教科に手が回らなくなり、どれか落単してしまい、留年が決定するのです。分かりやすく言うと、生物の範囲は膨大ですが、「まとめ問題以外に聞かれていることは、基本しなくてよい」ということになります。時間があれば、まとめ問題に聞かれていないことも学習してよいことになりますが、それよりも聞かれる可能性が高いポイントを、100%対策しておき、合格点を超えさえすればよい、ということになります。無駄に100点を狙って、他の教科にさくべき時間が足りなくなる負のスパイラルを避けなくてはなりません。

生物の内容について、より具体的に述べると、5捨択一問題が50点となっているのは、救いです。5捨択一問題は、恐らく筋学が、パターン化しやすいため、中心に問われるでしょう。論述問題は、脳などの神経系が、中心となるのではないでしょうか。

生物では、「一字一句きちんと答えること」という指示が、先生から出ています。この解釈はいろいろ考えられますが、恐らく、的外れな答えを、大量に暗記したものを書き連ねる生徒が多いのが予想されるため、「ちゃんと内容を理解して、漢字なども読めるように、きちんと書くこと」という意味かもしれません。

横浜校では、プロ講師の指導のもと、生物においては、まとめ問題の完全な解答を作るようにしています。次にこの答えを、解説して、理解した後は、確実に暗記して、何度も記述させ、ダメ出しを行います。この結果、非常に大変な生物において、高得点を取ることができ、自信が出ます。予備校で、短時間で、生物を対策出来るため、ご自宅での学習は、それ以外の科目に使うことが出来るようになり、結果、安心して、進級することが出来ます。

大宮校がまもなくスタート!明海大学&日本大学の方を主な対象とします(上限15名) 昨年の日本大学の進級は信じられないほど厳しい!2→3年は、約150名中50人!日本大学は、歯学部部長が昨年変わってから、この状態です。。。次は明海大学か!?明海は、今年新しい歯学部部長に変わりましたから。その方は進級に関しては、非常に厳しい方です。。。

まもなく大宮校がスタートします。

大宮校が、主な対象とするのは、明海大学&東京の歯学部です(特に日本大学)。

指導にあたるのは、実績のあるプロ講師陣。デンタル国進は、各大学の過去問を収集して、個別指導にあたります。

昨年の日本大学の進級は非常に厳しいですね。2→3年は、150名中50人。ちなみに明海大学は、2→3年が約120人中20人です。

日本大学松戸歯学部は、もともと学力が低いため、留年数は、以前から多いですね。日本大学(歯学部)は以前はそれほど留年数が多かったわけではないのに。。。さらに、日本大学は学費が全国的にも高いのも、痛いですね、急激に留年者が増えてしまうと。

ちなみに、明海大学は、昨年の留年数を見ると、1年が約10人、2年が約20人(約120人中)。現在のところ、他と比較すると、まだ緩いですね。しかし明海大学は、今年新しい歯学部長さんに変わりました。非常に厳しい方です。。。ということは、劇的に厳しくなる可能性ありますね。現在までのところ、明海は、6年で約半数が卒業試験で落とされますが、1~5年、他大学に比較すると、進級は緩やかな状態です。しかし急激に厳しくなる可能性が出てきました。

日本大学もそうですが、以前は進級が緩くても、新しい歯学部長が厳しいと、明海大学も、今は比較的に、1~5年の進級は緩いと言っても、急激に日本大学のようになる可能性もありますね。

大宮校の定員上限は15名とします。お申込みは、お電話にて受け付けています(現在は代表の名古屋校にてお申込み下さい 052-220-5446)定員になり次第、締め切ります。

(朝日大学6年)次回のブロック試験=6月22日の補綴3科は、非常に難しい。。。

6月22日の補綴3科ですが、非常に難しくなると思います。例年優秀な人でも、補綴3科の結果発表の前は、緊張して、食事が喉を通らず、「あと2点落としていたら、不合格だった」と泣き崩れてしまう方が後を絶ちません。それほど難しいのです。

朝日大学6年の方は、この補綴3科に既に本腰を入れて取り組んでいると思いますが、そうでないと、合格は難しいでしょう。まして、今までのブロック試験に落ちている人は、よっぽど革新的なことをしないと、厳しいかもしれません。

当予備校では、現在、次回の補綴3科対策の個別授業&問題対策を実施しています。

具体的には、特に分からない人が多い&重要な内容なので、以下のポイントを現在解説中。「上下顎の咬合接触を理解した上で、側方運動時(ギリギリ動かした時)と中心咬合位時(カチカチかむ時)に、どことどこが接触するか?」

ずいぶん以前より取り組んでいて、チェックテストの出来も良好なので、この調子ならば、塾生全員が補綴3科に合格できると思います。

(朝日大学6年)8月17~22日まで前期の追試(80%が合格ボーダー)。追試期間中(前期&後期)は、1日に1ブロック実施。1ブロックは最大5教科含む。早い人で、8/22日で、前期の留年者が決定か!?

今年のブロック試験スケジュールは、コロナの影響で、過密になっています。

このスケジュールだと、早い人で、8/22日で留年決定になってしまいますね。しかし今年は、ビデオ講義をネット環境の不備で見れなかった人がいたようで、そのための措置も取られるのではないか?との噂もあります。分かりませんが、ブロック試験は、落とすための試験なので、厳しく考えておいたほうがよいようです。

ブロック試験日程

A(6/2) 麻酔 口腔外科、放射線、病理 
B(6/5) 矯正 小児
C(6/8) 保存
D(6/22)補綴
E(7/13)高齢者、障害者、訪問、インプラント、衛生
F①(7/27)解剖、口腔解剖、生理学、生化学
F②(8/11)薬理、微生物、理工
(8/17~22)追試(80%合格)

G(9/23)必修→80%
H(10/19)A 領域→70%
I(11/16)B,C 領域→70% 
(11/30、12/1・2)追試
12/21 卒業試験①→大量に落ちる
年明け 卒業試験②→最終的に150人中75人落ちる予定

現在の段階で、A、B、Cが終了しています。次は、Dの補綴になりますが、今はこの補綴の対策に全力を注ぐべきです。
成績のよい人でも、ギリギリでパスする人が多いのが、この補綴です。

ブロック試験を落ち続けている人を見ていると、学習法が悪いことに気がつきます。確実に毎回ブロック試験をパスしている上位層の学習法を学ぶべきですが、成績の悪い人は、周りにいる人が、効率の悪い学習法をしている人ばかりなので、学習法に対する反省が促されないのです。同時に、先生によっては、moodleのみでパスできる場合、実践も必要とされる場合のように、教科毎の情報が必要となりますが、成績の悪い人には、その情報が入ってこないし、仮に正しい情報が入ったとしても、自力では対応できないために、ブロックに落ち続けるのです。上位層の人たちは、上位層の人たちで集まり、情報交換&学習する傾向があります。学習のできない人を自分たちのグループに入れると、効率性が下がるために、やはり勉強できない人たちは、勉強できない人たちとつるむことになり、ブロックに落ち続けるのではないでしょうか?成績の悪い人たちは、自分の効率性の悪い学習法に気づくことは、下手すると、一生ないかもしれません。

 

(朝日大学5年)ブロック試験開始!試験の日程の間隔が驚くほど狭く、時間がない中、急に対策しないといけない羽目に!ビデオ講義でダレた毎日を送ってしまい、急にブロック始まり、慌てふためく人多数!ブロックに落ちると、精神的にしんどい。ある意味ショックでは!?最初の2回のブロック終わりましたが、最初2回のテストがコケている人要注意!このままだと、留年の可能性あり(お問合せはお電話で(残り2名))(058-214-4178)

ブロック試験が2回終わりました。以下二つの試験が終了したわけです(〇がブロック試験)

〇6/2麻酔病理口外放射線
〇6/5 小児矯正)

来週は
〇6/8 保存3科

ちなみに、補綴の授業が6/9日から開始となります

そして
〇6/22 補綴3科

それにしても、スケジュールがキツキツですね。コロナの期間が、後ろにしわ寄よせになり、間隔が狭くなっている印象でしょうか。

大学で発表されたのが、ついこの前で、時間がないため、当予備校の生徒には、「6/8の保存3科の勉強はしないで、6/2、6/5の試験に時間をまわして、6/2と6/5の試験は必ずパスさせておいたほうがよい」と指導しています。
(6/8の保存3科は落としても比較的取りやすいため)

朝日6年の方々から、急にまたお問合せが増え、対応に追われています(お電話にてお願いします(残り若干名))。

今後のブロックは、苦手な人の多い「補綴」に進んでいきます。試験は情報戦であり、環境が勝利をサポートします。無謀に自力でやってもダメなものはだめでしょう。自力で何ともならない時には、プロの先生にみてもらうのが、最短の道と思われます。

ブロックで留年してしまったら、泣くに泣けないですね。6年は半分の人が落とされる予定ですから、本気で頑張らないといけませんね。

(神奈川歯科大学)大学の対面授業開始!横浜校は、神奈川歯科大学の個別指導の専門予備校です。お問合せはお電話にて(045-534-5150)

神奈川歯科大学は、今まではオンライン授業でしたが、6月8日から大学での授業がスタートになります。

私が知る限り、歯学部の中では、ここが低学年からスタートする歯学部としては(1年~)、最も授業に切り替わるのが、早いように思えますね。

東京医科歯科大学は、このコロナの時期にどうなっているか、見てみましょう。

オンライン授業について
4/2から、オンライン授業になっています。

今後の大学で対面授業に切り替わる予定について
夏休み終了まで、対面形式での講義はありません。ただ、実習も多く、後期だけでは終わらないので、6月から、実習が再開した学年もあります。

実習について
5月までは、講義をカリキュラム前倒しで行っていましたが、6月から実習が再開された学年もあります。ただ、時間短縮のため、内容が減ったり、補足のため、実習でも動画が作られたりしています。

(明海大学)6月になり、6年生は大学に来る分散登校へ(もちろん健康上の観点から自宅で授業受講も可能。大学に行っている生徒と同じ授業がオンラインで受けられるように配慮されている)。他学年はオンライン授業継続(6月末から分散登校予定)。コロナの広がり具合をみて、引き締めたり、緩めたりするようです。(デンタル国進)★デンタル国進では、明海大学の方は、以前よりオンライン授業を実施してきましたが、過去問収集=資料収集のために、大宮校(=個別の対面授業)を近々出すことを検討中(お問合せはお電話にて)) 

明海大学は、6月になり、6年生は、国家試験があるため、分散登校が開始されました。もちろん健康に配慮して、登校しなくても、自宅でオンラインで授業を受けることも可能です。他学年は現在もオンライン授業で、6月末から段階的に登校する流れになる予定です。

6年生は登校すると、2つに分けられた講義室に、それぞれ入り(3密を避けるため)、オンラインの授業を受講します。教師は、別の部屋で授業をします(=遠隔授業)。授業終了後に、教師と質疑応答が可能です。もちろん自宅にいて、同じ授業を受けたり、授業終了後に、質疑応答も可能です。

明海大学の入試に関しては、AO入試と一般入試(A・B日程)があります。AO入試は、10/24日(土)(現在の予定)。一般入試に関しては、7月頃に正式な情報が出る予定ですが、例年の流れだと、A日程が1月末頃、B日程は、2月末~3月最初頃ではないでしょうか。


デンタル国進では、明海大学の方は、以前よりオンライン授業を実施してきましたが、定期試験の過去問収集=資料収集のために、大宮校(=個別の対面授業)を近々出すのを検討しています(オンラインは名古屋校の講師が実施)。明海大学の動きに合わせて、大宮校をいつ出すかは決めてゆく予定。朝日大学と明海大学は、同じ企業が経営しており、先生の行き来があるため、過去問の入手としても効果的と判断したのもあります(明海から来た朝日の先生は、明海自体に使っていた過去問をそのまま使用していることが多いです)。また、さらに校舎を出すことによる過去問の収集は、国試出題者の情報収集にもなります。やはり、普段は進級支援のために、過去問を収集(その過去問が、校舎のある地域の歯学部生きの進学に役立つ)→この過去問が国試指導にも役立つ。この流れがベストですね。ですからデンタル国進では、資料収集の意味あいからも、できるだけ、全国に校舎を出していくつもりです。

 

(朝日大学6年)ブロック試験がいよいよ来週より始まります。コロナの影響により、やはり予想通り過密なスケジュール。。。6年の方、本当に大丈夫ですか!?  デンタル国進(西岐阜校)(朝日出身のプロ講師陣による完全個別指導+過去問をはじめとする朝日データ豊富&プライバシー厳守+西岐阜駅の北口徒歩1分)(当予備校では、6年生には、苦手なところの要点解説、実践や過去問などの分からない個所の解説を実施中)(★西岐阜校残り2名相談中)(西岐阜校058-214-4178)

来週から、急にブロック試験が始まり、再来週から授業が始まります。

6/2 麻酔病理口外放射線
6/5 小児矯正
6/8 保存3科
(6/9から、補綴の授業開始~)
6/22 補綴3科

という流れになっています。スケジュール自体は、以前と大きくは変わらないのですが、今年はコロナの影響もあり、ブロック試験の日程が密になっており、とても大変です。

特に補綴を苦手とする学生さんが多いので、6/9~6/22は、ぜひ対策をしておきたいですね。

ブロック試験のスケジュールは以前からありましたが、コロナのため、初日からビデオ配信に変わっていました。ブロック試験もあると言われて無くなり、延期になっていて、先週にあります、と発表されました。朝日の6年生は、4、5月の間に落ち着いて学習できなかったかもしれませんね。

朝日大学6年は、今年も卒業試験で半分落とされるようですから、それを踏まえて、対策していく必要あるでしょうね。