part43 第114回歯科医師国家試験 B-77(小児) 正答率が低かった問題 37.5%

114A-81 正答率:37.5% (小児)
萌出性歯肉炎の好発部位はどれか。3つ選べ。
a 上顎前歯部
b 上顎小臼歯部
c 下顎小臼歯部
d 上顎大臼歯部
e 下顎大臼歯部

【萌出性歯肉炎の好発部位】
この問題は正答率:37.5%と、低かった。
小児の場合、ブラッシング不良によるプラークが原因の歯肉炎が多い。

萌出性歯肉炎は、歯の萌出途中に歯冠周囲のプラーク沈着などが原因で生じる。
辺縁歯肉が発赤、腫脹し、ブラッシング時の出血や疼痛を伴うこともある。

歯の萌出完了に伴い炎症は改善し治癒するが、不潔になると炎症が進んでしまうので、
ブラッシングにより清潔に保つことが重要です。

■萌出性歯肉炎の好発部位
上顎前歯部
 口呼吸の影響で増悪しやすい。
上下顎大臼歯部
 プラークが沈着しやすい。

☆上顎前歯部+小児がブラッシングしづらいであろう大臼歯に好発する。

114A-81 正答率:37.5% (小児) 解答
萌出性歯肉炎の好発部位はどれか。3つ選べ。
a 上顎前歯部 口呼吸の影響で増悪しやすい
b 上顎小臼歯部
c 下顎小臼歯部
d 上顎大臼歯部 プラークが沈着しやすい。
e 下顎大臼歯部 プラークが沈着しやすい。

解答: a,d,e

【オリジナル問題 】(接着) 国試参照

【オリジナル問題】(接着) 国試参照

【オリジナル問題】(接着)
※画像等はこちらをご覧ください。

以下に2つのインレー修復物の画像を示す。装着の手順の組み合わせで正しいのはどれか。
1つ選べ。
(ア)咬合調整 (イ)接着 (ウ)隣接接触の強さの確認 
  
a Ⅰ (ウ)→(ア)→(イ) Ⅱ (ウ)→(ア)→(イ)
b Ⅰ (ウ)→(ア)→(イ) Ⅱ (ウ)→(イ)→(ア)
c Ⅰ (ウ)→(イ)→(ア) Ⅱ (ウ)→(ア)→(イ)
d Ⅰ (ウ)→(イ)→(ア) Ⅱ (ウ)→(イ)→(ア)
e Ⅰ (ア)→(イ)→(ウ) Ⅱ (ア)→(ウ)→(イ)



【CRインレーとメタルインレーの接着手順】

CR(コンポジットレジン)インレーを装着にあたって(セラミックの場合も)は強度の低いCRの破折を防ぐにために、メタルインレーとは異なる手順によって装着する。

Ⅰ CRインレー
Ⅱ メタルインレー

【オリジナル問題】国試参照 解答
以下に2つのインレー修復の画像を示す。装着の手順の組み合わせで正しいのはどれか。
1つ選べ。

(ア)咬合調整 (イ)接着 (ウ)隣接接触の強さの確認 
  
a Ⅰ (ウ)→(ア)→(イ)  Ⅱ (ウ)→(ア)→(イ)
b Ⅰ (ウ)→(ア)→(イ)  Ⅱ (ウ)→(イ)→(ア)
c Ⅰ (ウ)→(イ)→(ア) Ⅱ (ウ)→(ア)→(イ)
d Ⅰ (ウ)→(イ)→(ア) Ⅱ (ウ)→(イ)→(ア)
e Ⅰ (ア)→(イ)→(ウ) Ⅱ (ア)→(ウ)→(イ)

解答 c



Ⅰ CRインレーの場合
(ウ) 隣接接触の強さの確認→(イ)接着→(ア)咬合調整

Ⅱ メタルインレーの場合
(ウ) 隣接接触の強さの確認→(ア)咬合調整→(イ)接着

となる。

part42 第114回歯科医師国家試験 D-35(保存) 正答率が思ったより低めだった問題 78.6%

114D-35 正答率:78.6% (保存)

114D-35 正答率78.6% (保存)
※画像等はこちらをご覧ください。

50 歳の男性。上顎左側第一大臼歯の修復物脱離を主訴として来院した。15 年前に修復治療を受けたという。診断をした結果、修復物を新製し、接着性レジンセメントで装着することとした。完成した修復物の写真を示す。
この後、修復物装着前に行うのはどれか。3つ選べ。
a 咬合調整
b シラン処理
c 辺縁のすり合わせ
d レジンコーティング
e 硫黄系機能性モノマー処理

【メタルインレーの装着】 『保存修復学第6版』 第6章間接修復 参照

この問題は正答率が思ったより低く、驚いた。

メタルインレー修復(間接修復)に関する問題です。メタルインレーは金属なので、装着前に口腔外で調整することが容易です。その方が、装着後の調整量を少なくすることができ、有益です。

メタルインレー装着時の大まかな手順としては、基本的に①コンタクトの調整→②マージン調整→③咬合調整→④研磨→⑤接着面処理→⑥装着の順である。

あと、それぞれの修復物によってどのような前処理をするかも覚えておく必要がある。

修復物はメタルインレー(金属)である。

114D-35 正答率:78.6% (保存) 解答
50 歳の男性。上顎左側第一大臼歯の修復物脱離を主訴として来院した。15 年前に修復治療を受けたという。
診断をした結果、修復物を新製し、接着性レジンセメントで装着することとした。完成した修復物の写真を示す。
この後、修復物装着前に行うのはどれか。3つ選べ。

a 咬合調整 金属であり、修復物装着前に済ませておくとスムーズである。
b シラン処理 陶材等の修復物内面に行う、金属には行わない。
c 辺縁のすり合わせ 装着前に済ませておく。
d レジンコーティング 窩洞形成後、歯髄保護等を目的に行うものであり、修復物完成後に行うのはナンセンスである。
e 硫黄系機能性モノマー処理 メタルプライマーであり金属接着面に塗布する。

解答 a,c,e

part41 第114回歯科医師国家試験 A-81(保存) 正答率の低めだった問題 60.4%

114A-81 正答率:60.4% (保存)

114A-81 正答率60.4% (保存)
※画像等はこちらをご覧ください。

63 歳の男性。下顎右側第二大臼歯の食片圧入を主訴として来院した。5年前に左下7の齲蝕治療を受けて症状なく経過していたが、1週前から自覚するようになったという。エアーで一過性の疼痛を認める。診断をした結果、コンポジットレジン修復を行うこととした。初診時の口腔内写真と使用する器具の写真を示す。一連の治療過程を図に示す。

この器具を使用する時期はどれか。2つ選べ。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ



【CR修復におけるウェッジの使用目的について】 『保存修復学第6版』 3. 歯間分離法 参照

今後皆さんが歯科医師になって臨床を行う上で、コンタクトカリエスの治療は何度もすることになるはずです。

その際重要なのが、いかに隣在歯を削ることなく治療するか、そしていかに修復の際、接触の回復を行うかです。

今回使用したのは木製のウェッジ(即時歯間分離法)ですか、
1回目はプレウェッジは歯間乳頭や隣在歯の保護や等を目的として用い、
2回目は通常のウェッジの目的であり填塞、接触の回復を容易にします。

※同じ器具でも使用するタイミングによって、目的が異なります。

左下7番近心に隣接面う蝕を認める。木製のウェッジ(歯間分離や隔壁の圧接効果がある)。

114A-81 正答率:60.4% (保存) 解答
63 歳の男性。下顎右側第二大臼歯の食片圧入を主訴として来院した。5年前に左下7の齲蝕治療を受けて症状なく経過していたが、1週前から自覚するようになったという。エアーで一過性の疼痛を認める。診断をした結果、コンポジットレジン修復を行うこととした。初診時の口腔内写真と使用する器具の写真を示す。一連の治療過程を図に示す。

この器具を使用する時期はどれか。2つ選べ。
a ア プレウェッジ 窩洞形成時、隣接歯歯面や歯間乳頭保護のため用いる。
b イ ウェッジを挿入したままでは隔壁を挿入できない。
c ウ ウェッジ 歯間部に隔壁挿入後、歯肉側窩縁に密着固定することによって接触の回復を容易にする
d エ ウェッジを挿入したままでは隔壁を挿入できない。
e オ 咬合調整の際は隔壁とウェッジを除去しないと邪魔になってしまいます。

解答 a,c

part40 第114回歯科医師国家試験 B-79(歯周) 正答率の低かった問題 47.8%

114B-79 正答率:47.8% (歯周)

114B-79 正答率47.8% (歯周)
※画像はこちらをご覧ください。

35歳の男性。下顎左側臼歯部の違和感を主訴として来院した。2年前から自覚していたがそのままにしていたという。診察と検査の結果、慢性歯周炎と診断し、歯周基本治療後に歯周外科治療を行うこととした。初診時の口腔内写真とエックス線画像を示す。再評価時の歯周組織検査結果の一部を表に示す。

左下6に対する治療方針として考えられるのはどれか。2つ選べ。
a 歯根分離
b トンネリング
c 近心根分割抜去
d FGF-2 製剤の応用
e Widman 改良フラップ手術



【根分岐部病変に対する外科処置】 「臨床歯周病学」第9章根分岐部病変の治療 参照

根分岐部病変に対する治療の問題を解く上で、重要になってくるのがその症例の重症度を知ることです。

主に軽度の際は再生療法などで、できるだけ回復させようにするのに対し、あまりに重度の場合は、今度は清掃性の向上などに重点を置きこれ以上症状悪化させないことが重要になってきます。

 本症例はLindheとNymanの分類で3度(重症)相当と考えられ、再生療法より清掃性の向上を目的とした外科処置が優先されると考えられる。

根分岐部露出、重度の根分岐部病変及び水平性骨吸収

114B-79 正答率:47.8% (歯周) 解答
35歳の男性。下顎左側臼歯部の違和感を主訴として来院した。2年前から自覚していたがそのままにしていたという。診察と検査の結果、慢性歯周炎と診断し、歯周基本治療後に歯周外科治療を行うこととした。初診時の口腔内写真とエックス線画像を示す。再評価時の歯周組織検査結果の一部を表に示す。

左下6に対する治療方針として考えられるのはどれか。2つ選べ。

a 歯根分離 小臼歯化することにより清掃性を向上し、患歯の症状悪化を食い止めることを目的に行う。
b トンネリング トンネリングをすることにより清掃性を向上し、患歯の症状悪化を食い止めることを目的に行う。
c 近心根分割抜去 これは、根尖まで及ぶ歯槽骨吸収が認められる場合に行い、本症例で近心根を抜去しても治療法にならない。
d FGF-2 製剤の応用 再生療法は1度~2度の根分岐部病変が適応となり、本症例のような重度でかつ、水平性骨吸収の症例で適応外となると考えられる。
e Widman 改良フラップ手術 歯周ポケット除去の目的として幅広い症例に用いられ、他の処置と併用されることも多いが、本症例のように重度の根分岐部病変の場合、この処置のみでは根本的な治療法にならないと考えられる。

解答: a,b

part39 第114回歯科医師国家試験 A-50 正答率の低かった問題 24.2%

114A-50 正答率:24.2% (歯周)

114A-50 正答率24.2% (歯周)
※画像はこちらをご覧ください。

44 歳の男性。下顎左側臼歯部の違和感を主訴として来院した。9年前にstageⅠの舌癌の治療を受けたが、現在まで再発はない。歯周基本治療後の再評価の結果、 歯周外科治療を行うこととした。初診時の口腔内写真とエックス線画像を示す。再評価時の歯周組織検査結果の一部を表に示す。

適切な治療法はどれか。2つ選べ。
a 骨移植術
b FGF-2 製剤の応用
c 歯周ポケット搔爬術
d 歯肉弁根尖側移動術
e エナメルマトリックスタンパク質の応用



【歯周組織再生療法】 『臨床歯周病学』第24章ティッシュエンジニアリング 参照

近年、歯の喪失原因として歯周疾患が主なものとなり、MIの概念や再生療法が着目されていることから、今後の国試でも多く出題されることが予想されます。

その中でFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)製剤が注目されていますが、
過敏症の既往歴のある患者と口腔内に悪性腫瘍のある患者又はその既往歴のある患者
(細胞増殖促進作用を有するため)が禁忌であることを覚えていれば解けると思います。

この症例は付着歯肉があり、6番近遠心に垂直性骨吸収を認めることがわかれば、歯周組織再生療法が適応となると考えられます。

114A-50 正答率:24.2% (歯周) 解答
44 歳の男性。下顎左側臼歯部の違和感を主訴として来院した。9年前にstageⅠの舌癌の治療を受けたが、現在まで再発はない。歯周基本治療後の再評価の結果、 歯周外科治療を行うこととした。初診時の口腔内写真とエックス線画像を示す。再評価時の歯周組織検査結果の一部を表に示す。

適切な治療法はどれか。2つ選べ。

a 骨移植術 歯周組織再生療法なので〇
b FGF-2 製剤の応用 口腔内に悪性腫瘍の既往のある患者の症例のため
FGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)製剤は避けるべき。
c 歯周ポケット搔爬術 浮腫性の浅い骨縁上ポケットが適応なため×
(この症例は深い骨縁下ポケット)       
d 歯肉弁根尖側移動術 付着歯肉幅の獲得などを目的としており、
本症例で付着歯肉は問題ないと思われるため×
e エナメルマトリックスタンパク質の応用 歯周組織再生療法なので〇

解答:a,e

※歯周組織再生療法には他にもGTR法などがあることを覚えておくと良いです。

後期募集の開始について~代表 052-220-5446

後期募集を開始します。面談&体験授業→入塾可能の流れです。

面談&体験授業は、各校舎での対面&オンライン両方可能です。

大学によっては、すでに前期の結果が出ているところもあり、頻繁にお問合せを頂いています。

デンタル国進は、完全個別&個室指導なので、プライバシーが厳守されます。また自習も個室で毎日行うことが出来ます(年中無休)。

なお定員には限りがあるため、充足次第締め切ります。

(愛知学院1年)春学期の重要科目である物理Ⅰ、Ⅱと化学Ⅰの簡単な振り返り分析~来年2月の再試対策のために~ 代表052-220-5446

愛知学院1年の方々からのお問合せが多いので、簡単に春学期のまとめを書いておきます。

1年時に、特に重要科目である物理Ⅰ、Ⅱと化学Ⅰについて絞って書いておきます。

この2教科は、特に対策のお問合せが多かったものです。

①物理Ⅰ、Ⅱ&化学Ⅰのまとめ

~物理学Ⅰ,Ⅱ~

・授業は、生徒の半分が対面、もう半分が遠隔にて同時に授業を受ける形式を一週間交替で行うハイブリッド形式でした。

・課題は、授業内にて課される問題や授業後に提出を求められるものがありました。

・平常点は、物理Ⅰ、Ⅱともに3割。

・定期試験は対面で行われ、授業内で解説した問題と初見の問題が混ざった普通の試験でした。

~化学Ⅰについて~

・物理学とは異なり、対面の週には授業が行われ、遠隔の週には事前に録画された動画にて授業を受講するといった形式が用いられました。

・課題は二週間に一度、授業後に幾つかの問題が課され、提出期限までの提出を求めるといった形でした。また、対面の週には小テストが行われ、これは課題と同様に平常点として加味された様です。

・平常点は、化学は5割。

・定期試験では、学習内容の中でも比較的簡単な問題が多くみられました。しかし、理解不足&勉強量が足りなかった為に単位を落としてしまった生徒さんたちもいます。

②昨年との比較考察

・昨年は春学期に定期試験が実施されなかったため、直接的に比較することは出来ませんが、今回の春学期の定期試験の難易度や構成を見る限り、昨年の秋学期の定期試験とさほど違いがないように感じられます。昨年の春学期はコロナ一年目で大学側に体制が整っていなかったため、やむなく定期試験は実施されなかったのでは、と思われます。今年からは、大学側に体制が整ったため、授業はハイブリッド型(コロナの状況によっては、オンラインのみ)→対面で試験という流れが出来ているので、大学に入学時の学力の差が、コロナ以前よりも問われるようになっているのでは、と感じられます。

・平常点については、物理が3割、化学が5割と設定されていたため、かなり重要であったと思われます。

・定期試験に関しては上に書いた通りです。

・来年度は、平常点の割合は変わる可能性ありうるでしょう。

③具体的な対策

・ハイブリッドで、オンライン授業&課題テストもあるため、まずは、ある程度自力で対処する基礎学力の確立が早急に必要でしょう。秋学期の授業も始まったら、今回上記2教科を落単してしまった方々は、秋学期の授業の対策をしながらも、同時に再試の対策をすることを求められるでしょう。再試は来年2月であるため、秋学期のうちにも対策を継続しておかないと、春学期の内容を忘れてしまうためです。

(歯学部のカリキュラム比較) 昔と今~全国的に前倒しカリキュラムに~

親御さんの世代と今の世代の歯学部のカリキュラムは大きく異なります。今では前倒しの傾向が全国的に見られます。

今の歯学部生は大変です。

2~30年前までは

1・2年基礎知識(生物、化学等)
3・4 歯科基礎(解剖、生理等)
5・6 歯科臨床 (保存、補綴等)
国試

だったのが、

今は

1・2 基礎知識、歯科基礎
3・4 歯科臨床
CBT.OSCE
5 病院実習、国試対策
6 国試対策、総合試験、模試
卒試
国試
のイメージでしょうか。

進学校の中高一貫校では、しばしば前倒しカリキュラムを実施していますが、あれの大学バージョンを目指す感じでしょうか。

この傾向は、私立だけに限らず、国公立でも見られます(もちろん私立ほどではないようですが。)

6年をまるまる国試対策にしたい意図が見えます。昔は6年かけていたものを、ほぼ4年に圧縮すれば、体感としては、1.5倍ではなく、3倍ぐらいの大変さがあるのではないでしょうか?

(愛知学院)来年から、独自の新しいカリキュラムが開始されます。入学年度のカリキュラムに縛られなくなります。

愛知学院は、来年度から、新しいカリキュラムがスタートします。

今年一年はそれを周知させる一年。

今までは、一人一人の生徒が、入学年度のカリキュラムに縛られてのシステムでした。

来年からは、入学年度のカリキュラムに縛られず、留年していても、していなくても、その時の最新のカリキュラムで、1~6年全員が動くシステムになります。

当然、進級した時に取れなかった科目などは、きちんと補強がありますので、心配ありません。留年した生徒も、逆に最新のカリキュラムに触れるほうが、国試でのハンディが減ると思われます。

さらに5、6年のために、臨床教育研究棟が建設されます(2023の8月には完成予定)。5、6年は、そこで今以上に、腰を落ち着けて学習することが出来るようになります。

全国的に見ても、今回の愛知学院の取り組みは画期的で、生徒&親が安心して、合格者を増やす上で、画期的な試みだと思われます。

やはり5年に進級したら、限りなく全員が進級出来て、無事に全員国試を受けれるほうが安心ですね。