(朝日大学1年)今の1年は、過去最高の留年数になるでしょう。40人弱か!?

今の朝日大学1年は、当初110名を見込んでいて、6年までには80名になるように計画していました。ところが実際の入学定員は、146人になってしまい、大幅に計画が狂ってしまいました。2年から実習が始まり、施設の収容人数を考えると、110人程度にしたいようです。ということは、今の1年は146人ですから、146人-110人=36人となります。過去最高ですね。

一般教養は多少は下駄をはかせてもらえるとしても、UNITでしょうね。落としにかかるのは。ここは手加減ありません。この学年は、1年が最も試練かもしれませんね。心してかからないといけません。

大阪歯科大学でも、いよいよ留年数激化か!?デンタル国進(歯科医師国家試験&進級支援の個別指導予備校)JR,阪急摂津富田駅からどちらでも徒歩2分。ご希望の方はお電話でお問合せ下さい(大阪校072-668-6905) 修行年限、在学年数、編入学、成績(GPA) 

最近、大阪歯科のご父兄の方々から、お問合せを頂くことが多いです。「今年の4年生から大量に落とす」、と大学側が伝えているようです。

大阪歯科は、従来、比較的留年者数の少ない大学となってきましたが、これが崩れる時が来ているということかもしれません。理由は簡単で、今の国試が年々難化しており、大阪歯科の合格率が振るわないからです。いずれにしても、留年してしまってから、対応するよりも、留年を未然に防いだ方がよいのは言うまでもありません。学費も約500万と、日本でおそらく最高額の大阪歯科大学で留年が大量に出たら、どうなるのでしょうか?

デンタル国進の大阪校(現役コース)では、大阪歯科に特化したカリキュラムを実施しています。