愛知学院のCBTのための準備は年内に終了していないと留年の可能性大!

愛知学院で、CBTの準備を年内に終了しておかないと、留年する可能性が大きいと思います。それも前期の試験で落とした科目が2つ程度までならばの話です。5や6科目も現在の段階で落としていたら、残念ながら現在の段階でほぼ留年決定。というのも、来年の2月にCBTがありますが、1月には当然再試の準備をしていないと再試を落してしまうわけです。ということは、CBTを今年の12月までに終わらせておくのが、留年しないようにする要。気をつけないといけないのは、本年度は昨年と異なり、CBTが終了して、再試が開始されるまで1日しかありません。昨年よりも4年の留年者数は激増するだろうと、考えるのは私だけでしょうか?当予備校では、今までのところCBTの合格率は100%です。しっかりと未来を見据えて学習しないと、簡単に留年してしまうでしょう。当塾のような予備校は、留年を確実に防ぐのが仕事。CBTを受けさせる前に、5つも6つも再試科目を作るような環境は望ましいとは言えません。現在の段階で留年決定ですから。それでは予備校に通う意味がありません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です