(朝日大学)5年は2019からどう変わった?

一言で言うと、「今までは朝日大学の5年は腰を落ち着けて国試の学習ができる学年だった。6年はブロック試験があるから、秋ごろからしか国試の学習ができなかったので、先取りして5年でやっておけばよかった。しかし今回の5年のカリキュラム変更で、国試に腰を落ち着けて学習できる余裕も失われた。」

2019から、5年は科毎に、3週間に一回テスト。進級にかかわるテストは、2/25, 26日。2019から総合評価になり、12回で各100点→1200点中70%を得点していないと、年明けの進級にかかわるテストは受けられない。以前は、進級にかかわるテストが年に3回あるのみで、5年は比較的ゆとりがあった。だから国試に直結する学習ができたが、今年から?である。科毎でのテストであり、およそ12班(1つの班13~14人)が、歯周病科、保存科、歯内療法科、口腔外科、補綴科、クラウンブリッジ科、パーシャルデンチャー科、インプラント科、障害者歯科、放射線科、小児科、矯正科、フルデンチャー科などの科を巡回する。受けるテストは、それぞれ違うものとなる。以前は共通のテストが年に3回であったことを考えると、誰が全体を統括するのか?という疑問と、果たしてこんなに細分化して、本質的な国試に直結した学習ができるのだろうか?という疑問が浮かぶ。今年やってみて、うまくいかなかったまた修正するのだろうが、朝日のカリキュラム変更は毎年激し過ぎて、生徒も親もついていけていない感が半端ない。今年のカリキュラム変更は、大量の留年などをもたらす可能性がある。細分化し過ぎたカリキュラムは、さらに多くの実践信者を増やすのだろうか?

(朝日大学)三年の薬理学の個別授業実施中!(中間テスト&前期定期テスト対策中!)

三年の薬理は過去問も回収されてしまい、正直非常に勉強がしにくい科目です。しかもミニテストが迫っています。さらに言うと、六月最初の中間テストでできる限り高得点をとっておかないと、8月末の学年末の分量は半端ないものになり、足切りにひっかかり、留年決定の方が大量に出るでしょう。留年を未然に防げるか。。。それは中間テストでどれだけ得点できるかです。

テストは、薬理学&病理学とも、中間テストは週2回実施されます。それだけ、量が多く、内容が深いということです。

薬理学は、医歯薬ともありますが、それぞれ内容が異なります。薬学部の薬理学は「化学物質として、薬をとらえられるか」が問われています。医学部は人体に薬がどのようなメカニズムで伝達されるのか、どのような影響があるのか。歯学部の場合は、歯系の分野に主に絞られ、歯科治療において使う薬の作用機序が問われます。